DICTIONARY
DICTIONARY

用語集

専任技術者

建設業許可を受ける場合において、経営業務の管理責任者と並んでネックとなる人材。

営業所に常勤して、契約した工事が技術上の問題を抱えていないか、適正に施工されているかチェックする責任者です。

一定の技術を持っている、常勤の人でなければなりませんので、他社から借りてくることはできません。

一定の技術の要件は、一般建設業許可の場合だと

・取得したい許可業種の現場で10年経験(雑用、事務はNG)

・一定の国家資格保有者

特定建設業許可の場合だと、

・一級の国家資格保有者(一級建築士、技術士等)

である必要があります。

実はもうちょっと細かい要件もありますが、現実的ではないので省略します。

一般建設業の現場経験については、工業高校の所定学科卒業者だと5年に、大学の工学科の所定学部や高等専門学校卒業者だと3年に短縮することもできます。

認められる国家資格も業種によって指定されていますので、細かく確認する必要があります。

似た名前の資格でも、民間資格だと認定されません。