DICTIONARY
DICTIONARY

用語集

経営事項審査

通称「経審」。

公共工事を直接請け負おうとする建設業者が、必ず受けなければならない審査です。

根拠条文は建設業法第27条の23。

建設業者の経営規模の認定、技術力の評価、社会性の確認、経営状況の分析を客観的に数値化し、その建設業者の点数を弾き出します。

その点数が、公共工事の入札に必要な「持ち点」となるのです。

持ち点が高いほど、優良、大規模な建設業者ということになりますので、持ち点が高いほど参加できる入札の範囲が広くなります。

毎年継続して公共工事を受注する場合、毎年決算期終了後に経審を受けて、入札に参加できる状態を維持していく必要があります。

 

経審の点数は、建設業許可を持っていれば自動的に付くというものではありません。

経審の申請をしないと、その事業者の該当年度の点数は0点となり、入札に参加できなくなります。

審査される指標は、

X=経営規模の認定(X1=完成工事高 X2=自己資本額および利益額)

Y=経営状況の分析

Z=技術力の評価

W=社会性の確認

の4つの指標とされ、建設業者の持ち点=P は、

P=0.25X1+0.15X2+0.2Y+0.25Z+0.15W(小数点第一位四捨五入)

で算出されます。

 

経審は、対象となる年度の決算が終了し、決算変更届事業年度終了報告等の届出をした後でないと受けられません。

点数を稼ごうと、虚偽の申請を行った場合、監督処分や6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金、入札名簿からの抹消、指名停止処分が課せられますので、虚偽申請は絶対に行わないで下さい。