遺言作成

相続になるか、争族になるかの分かれ道です。

自筆証書遺言作成補助 5万円

公正証書遺言作成 7万円(別途公証人手数料がかかります)

遺言書草案作成1万円

財産調査、相続人調査 2万円

遺言執行 被相続財産額の1%(最低報酬額30万円)

 

お支払い例

・自筆証書遺言作成、財産相続人調査有り、遺言執行なし

50,000+20,000+税=77,000円

・公正証書遺言作成、財産相続人調査有り、相続財産額4500万円、遺言執行なし

(70,000+20,000+税)+29,000(公証人手数料)=128,000円

Point
遺言作成Q&A
Question

遺言って何?

遺言とは、自分が持っている財産を、死後どのように遺族に振り分けるかを定めた書類です。

遺言があることで、遺産を巡って不要なトラブルを避けることができますし、自分の財産を見直すきっかけにもなります。

 

相続でモメる事を俗に「争族」といいますが、よく聞く「争族」になってしまうケースは、

「おじいさんが亡くなった後になって、相続財産に知らない土地や山が出てきて分配しづらい」

「父親が亡くなって、相続の手続きに入ったら聞いたことのない異母兄弟が現れた」

「両親の介護を一人で担っていたが、何もしていない兄弟と同じ相続分というのは納得いかない」

等といったケースです。

このようなパターンで争いが起きるのを事前に防ぐためにも、遺言は残しておいたほうがいいのです。

Question

遺言ってどうやってするの?

遺言には、自分で内容を手書きする「自筆証書遺言」、書いた遺言を証人と一緒に公証人に預ける「秘密証書遺言」、2人以上の証人と公証人の前で内容を読み上げて記録する「公正証書遺言」の3種類があります。

自筆証書遺言は最も簡単に作れますので、一番使われることが多い遺言かと思います。

紙とペンとハンコさえあれば作れます。

まず、紙に遺言をペンで記入し、最後に署名とハンコを押します。

その遺言を封筒に入れ、封筒の封をすれば完成です。

保管する場所も自宅の金庫やお仏壇、神棚に保管する方が多いようです。

比較的手軽に作れる自筆証書遺言ですが、デメリットも多いです。

十分な調査を行わないまま遺言を書いてしまうと、前述の「聞いたことのない異母兄弟が現れた」パターンや「全く知らない不動産があった」パターンでは役に立ちません。

また、自筆証書遺言は保管する場所が遺族にわかる場所でないと、せっかく書いたのに発見されない可能性もあります。そうすると、5年後や10年後に発見されて大騒ぎになるのです。

そして、自筆証書遺言の効力を法的に有効にするためには、家庭裁判所で封を開け、「検認」という手続をする必要があります。検認を受けないで開封してしまった場合、5万円以下の過料に処せられます。

一番大きいのは、遺言書自体を全部自分で書かなければならないという点、内容の変更が煩雑な点です。

ワープロで作ったものは認められません。そして、内容を訂正する場合、「変更する場所を指示」し、余白部分に「変更した旨」を書き込み、その下に署名し、変更した箇所にハンコを押さなくてはなりません。

 

秘密証書遺言は、遺言書の封筒に、遺言書の最後に押したハンコと同じハンコを押して封印し、それを公証人と2人以上の証人の前で「自分の遺言である旨、自分の住所、氏名」を申述します。

自筆証書遺言と違い、検認前に開ける危険性や発見されない可能性はほぼなくなります。

しかし、内容に不備があった場合に無意味になりかねないことは自筆証書遺言と同じです。

 

最後に公正証書遺言です。

公正証書遺言は、遺言の内容を公証人と証人2人以上の前で読み上げて行います。

この証人には、未成年者や親族がなることはできません。

証人は基本的に行政書士や司法書士、弁護士などの守秘義務を課せられた国家資格者がなりますので、遺言の内容が漏洩する心配もありません。

第三者が聞いていることで、その遺言が正式なものと証明されますので、検認手続も不要ですし、記録された遺言は公証人役場で保管されますので、遺言が行方不明になることもありません。

国家資格者が遺言の証人になる以上、事前にしっかりと相続人や財産を調査して原案を作成しますので、内容の不備で後々モメることもありません。

デメリットは、専門家が関わってくるため費用が若干かさむ点と、公証人役場に出頭する手間がある点です。

せっかく残すのなら、しっかりと調査をした上で、公正証書遺言にて遺言を残されるのをオススメいたします。

Question

公正証書遺言の調査って何をするの?

公正証書遺言の作成にあたっての調査は、

1.相続人調査

2.財産調査

の大きく2点に分けられます。

まず、1の相続人調査は、戸籍謄本や原戸籍を収集して、お客様の血縁関係を図に起こします。

これにより、お客様の財産を誰が相続するのかを確定し、「聞いたことのない異母兄弟が現れた」等といった場合にも対処することができるようになります。

そして、2の財産調査です。

これは、登記簿謄本や銀行口座等から資産を調査し、目録を作成します。

場合によっては、過去の相続の履歴を調査していく必要があることもありますので、かなりの調査技術が必要になるところです。

この2つの調査を行うことで、無効な遺言を作成するリスクを限りなくゼロにすることができるのです。

公正証書遺言作成の流れ

  • STEP
    01

    お問合せ

    遺言の作成には、綿密な調査が欠かせません。

    ご面談の予約を取りますので、お問合せフォームにて

    ・お名前

    ・ご住所

    ・電話番号

    ・ご用件(遺言作成の相談等)

    ・ご面談希望日時

    ・ご面談希望場所(無料出張致します。また、当事務所でのご面談も可能です。)

    ・不安に思っている要素、相談したいこと

    をお伝え下さい。

    当事務所では、事前にご予約いただければ夜間、深夜でも出張対応いたします。

  • STEP
    02

    ご面談

    ご指定の日時に、ご指定の場所にてご面談となります。

    そこで、どのような内容の遺言書にするのか、どのような方式で遺言をされるかをご相談下さい。

    大まかな親族関係、財産の心当たりがありましたらここでお伝えいただくと調査がスムーズに進みます。

  • STEP
    03

    ご契約、調査

    当所にて遺言を作成されることとなりましたら、業務委託契約書と委任状にご署名、ご捺印いただいて調査開始となります。

  • STEP
    04

    草案作成、打ち合わせ

    調査結果を元に、親族関係図と財産目録を作成します。

    これを元に、具体的な遺言の内容を再度面談にて決めていきます。

  • STEP
    05

    遺言書作成

    当所にて文面を作成いたしますので、自筆証書遺言でしたらそれを便箋に自署していただきます。

    公正証書遺言でしたら、公証人役場と打ち合わせの上、日程を合わせて公証人役場に出頭し、申述します。

    証人は当職と当職の信頼する行政書士、司法書士の先生にお願いしますので、プライバシーもしっかり守ります。

  • STEP
    06

    完了

    自筆証書遺言でしたら、封筒に封をして完成です。

    公正証書遺言でしたら、公証人の認証を経て完成となります。

    これで、ご依頼内容完了となります。

    料金は現金の他、各種クレジットカードでもお支払いいただけます。

Contact

お問い合わせ

Access

埼玉県内出張対応、深夜対応いたします(要予約)

概要

店舗名 行政書士塩原事務所
住所 埼玉県東松山市六軒町15-13
電話番号 0493-53-5445
営業時間 9:00~18:00
※事前予約いただければ、18:00~翌6:00まで対応いたします。
最寄り 東松山駅よりバス「パークタウン五領」行き乗車、「五領公園前」降車後、徒歩2分

アクセス

埼玉県、東松山市行政書士事務所です。
埼玉県内出張対応。ご予約いただければ18:00~翌6:00の深夜対応もいたします。