Category
市民法務相続遺言、農地等~
Category

夜間、深夜対応可能。お気軽にお問い合わせ下さい。

自分の所有する財産が原因で、自分の死後親族がバラバラに・・・

最近よく聞くパターンです。

この原因は、大体の場合遺言を残していない、無効な遺言を残した、中途半端な遺言を残した のいずれかが原因です。

相続を争族としないためにも、事前にしっかりとした遺言を残すことが大切です。

遺言はなにも後ろ向きなものではありません。

「先立つ不幸をお許し下さい・・・」

これは遺言じゃなくて「遺書」です。

遺言は、親族への感謝の気持ちを残し、親族が納得して争族を行うことができるように備えるものです。

遺言を残しておけばよかった・・・」

そう思ったときにはもう手遅れです。

行政書士にご依頼いただければ、法的に有効な遺言を作成できるのはもちろん、親族関係から財産目録まで詳細に調査した上で遺言を作成できますので、自分の生い立ちや自分の財産を見直すきっかけともなります。

相続に関連して発生する、遺産分割協議書の作成や、自動車の権利移転や事業継承、農地の権利の手続や役所への各種届出もお任せ下さい。

遺言書の作成や相続の手続は、一般的に関わる機会が少ないため不安になりがちです。

その不安を取り除き、遺言書の作成や相続の手続を手引する専門家が行政書士です。

行政書士には、罰則付きの厳しい守秘義務が課せられておりますので、お客様の情報は一切口外いたしません。プライバシーについても安心してご相談いただければと思います。

遺産分割協議書の作成はもちろん、相続に関連して発生する事業継承や、農地の権利移転、車の所有権変更や役所への各種届出もまとめてサポートいたします。

RELATED

関連記事